結婚に際して不可欠な保険見直し

結婚と保険見直し

2月
06

保険見直しが欠かせぬ時期の中でも、結婚という人生の一大イベントを控えた時期の作業は断じてスルー出来ません。新たな家庭を構えるに際しては、当然今後万一の際に必要となる保険金額が大きく変化するのみならず、保険金受取人の変更手続きなど、現時点での契約内容を根底から見直す必要が必ず生じます。

例えば独身時代の自身が幼い頃から加入を続けている生命保険であれば、万一の際の死亡保険金の受取人は保護者であるご両親いずれかと設定されているのが一般的です。また扶養家族時代は自らが生活費を稼ぐ義務を負わず、本業である学業メインの生活であり、死亡保険金額を比較的抑えた契約内容になっているケースが大半です。しかし結婚から配偶者と2人の新たな家庭を築き始めるとなれば、自身に万一が生じた際に必要となる保障は、当然これまでより分厚く修正しておかねばならず、受取人も双方の配偶者への変更手続きが欠かせません。

その他にも生活環境の変化などに応じ、細やかな対応が求められるのが保険という金融商品です。ここでは以下、結婚に合わせた保険見直しの重要性と、具体的にどのようなポイントに着目して作業を進めるべきかなど、基本的なおさらいを中心にお話を進めさせていただきます。ご結婚を間近に控えられた方、あるいは具体的にはもう少し先の予定でも、社会人となられた後も保険見直しと無縁な毎日を過ごして来られた皆様には、ぜひ最後までご一読から、皆さんの契約内容の確認に着手いただければ幸いです。

未分類 結婚と保険見直し はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.