結婚に際して不可欠な保険見直し

家族構成の変化に対処

2月
08

結婚を控えての保険見直しで何より着目すべきポイントとしては、保障金額は勿論ですが、保険金の受取人及び主契約者の確認です。保護者であるご両親が加入しておいてくれた保険は、主契約者と保険金受取人がご両親、被保険者が皆さんというケースが大半ですが、このままの内容では結婚後の新生活にはミスマッチです。ご両親としっかり話し合った上で、皆さんの今後のライフプランに合致した契約内容への変更が望まれます。

それまで保護者が負担していた保険料もご夫婦での負担が基本ですし、保険金受取人は各々が被保険者であるのに対し、双方の配偶者に設定するのが一般的です。こうした細かい部分の判断に窮する、あるいは理解度に不安が否めぬ場合は、保険代理店の担当者との質疑応答に際し、しっかりと説明を受けた上で最終的な判断をくだすのがベストです。勿論結婚式前後は他の諸々で多忙となり、保険見直しに費やす時間の確保が難しいかと思いますが、結婚後も延々従来のままの状態で放置せず、出来るだけ速やかな対応が望まれます。保険見直し作業は皆さんの未来の安心を守る上で、特にこうした人生の転機に於いては欠かせぬ、契約者並びに被保険者の義務だと捉えておいてください。

未分類 家族構成の変化に対処 はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.