結婚に際して不可欠な保険見直し

ライフプランを見据えて

2月
13

また結婚を機に保険見直しの実践が推奨される理由として、現在から未来のライフプランを新たに見据え直すタイミングでもある点が挙げられます。結婚生活のスタートは、それまではご両親が主導の家族の中の一員としての毎日から、2人でゼロから構築する現在から未来を生きる毎日、すなわち皆さんが主導権を握り、自分達の未来像を描き、それを実践して行くライフスタイルへの変更を意味しています。

勿論青写真通りに未来は展開されませんが、マイホーム購入、お子様はいつ頃何人欲しくて、社会へと巣立つのが推定で何年先になるのかなど、2人を主人公とした未来ストーリーを見据える作業、すなわちライフプランの再構築が欠かせません。このライフプランが明確になれば、自ずと各々のタイミングで万一の事態が生じた際に、どのような保障内容でどれぐらいの保険金額が必要となるのか、具体的な試算への着手が叶います。こうした一連の流れこそが、本当の意味での結婚を機とした保険見直し作業であり、単に保険料の負担を軽減するなど、目先のメリットに着地点を求めるのは間違いです。これからの人生を二人三脚で歩むパートナーと、これから生まれ来る愛しい子供達の未来を守るためにも、適切な見直し作業の実践が欠かせません。

 

未分類 ライフプランを見据えて はコメントを受け付けていません。

家族構成の変化に対処

2月
08

結婚を控えての保険見直しで何より着目すべきポイントとしては、保障金額は勿論ですが、保険金の受取人及び主契約者の確認です。保護者であるご両親が加入しておいてくれた保険は、主契約者と保険金受取人がご両親、被保険者が皆さんというケースが大半ですが、このままの内容では結婚後の新生活にはミスマッチです。ご両親としっかり話し合った上で、皆さんの今後のライフプランに合致した契約内容への変更が望まれます。

それまで保護者が負担していた保険料もご夫婦での負担が基本ですし、保険金受取人は各々が被保険者であるのに対し、双方の配偶者に設定するのが一般的です。こうした細かい部分の判断に窮する、あるいは理解度に不安が否めぬ場合は、保険代理店の担当者との質疑応答に際し、しっかりと説明を受けた上で最終的な判断をくだすのがベストです。勿論結婚式前後は他の諸々で多忙となり、保険見直しに費やす時間の確保が難しいかと思いますが、結婚後も延々従来のままの状態で放置せず、出来るだけ速やかな対応が望まれます。保険見直し作業は皆さんの未来の安心を守る上で、特にこうした人生の転機に於いては欠かせぬ、契約者並びに被保険者の義務だと捉えておいてください。

未分類 家族構成の変化に対処 はコメントを受け付けていません。

結婚と保険見直し

2月
06

保険見直しが欠かせぬ時期の中でも、結婚という人生の一大イベントを控えた時期の作業は断じてスルー出来ません。新たな家庭を構えるに際しては、当然今後万一の際に必要となる保険金額が大きく変化するのみならず、保険金受取人の変更手続きなど、現時点での契約内容を根底から見直す必要が必ず生じます。

例えば独身時代の自身が幼い頃から加入を続けている生命保険であれば、万一の際の死亡保険金の受取人は保護者であるご両親いずれかと設定されているのが一般的です。また扶養家族時代は自らが生活費を稼ぐ義務を負わず、本業である学業メインの生活であり、死亡保険金額を比較的抑えた契約内容になっているケースが大半です。しかし結婚から配偶者と2人の新たな家庭を築き始めるとなれば、自身に万一が生じた際に必要となる保障は、当然これまでより分厚く修正しておかねばならず、受取人も双方の配偶者への変更手続きが欠かせません。

その他にも生活環境の変化などに応じ、細やかな対応が求められるのが保険という金融商品です。ここでは以下、結婚に合わせた保険見直しの重要性と、具体的にどのようなポイントに着目して作業を進めるべきかなど、基本的なおさらいを中心にお話を進めさせていただきます。ご結婚を間近に控えられた方、あるいは具体的にはもう少し先の予定でも、社会人となられた後も保険見直しと無縁な毎日を過ごして来られた皆様には、ぜひ最後までご一読から、皆さんの契約内容の確認に着手いただければ幸いです。

未分類 結婚と保険見直し はコメントを受け付けていません。